良い秋休みを頂きました♪

2017年10月05日

 ブルーベリーが終わればひと段落ついて、少しゆっくり出来ると思いきや、母ちゃんは出荷したものを回収する作業に追われ、払うべきものを支払い、そして何よりも夏の2カ月間、放置状態だった子供部屋を、泣く子がさらに慌てふためくほどの鬼の形相で手当たり次第掃除し、綺麗さっぱり作業場も片付け、人参とゴボウの畝の草引きを。一方で父ちゃんは秋冬野菜の段取りを猛スピードで進めながら年に一度のお疲れさま温泉旅行の計画立て。

 子供たちは運動会の猛練習。秋晴れの中、一生懸命練習してきた成果を見せる凛々しい娘。幼馴染の子と組体操をする姿に、あんな小さかったのにと涙する母ちゃん。スイカ音頭でお調子者発揮のチビタ。消防団の発表で一人ニヤニヤ笑いながら行進する父ちゃん。

 そして翌日から、一大イベントの温泉旅行!福井の恐竜博物館に、金沢の城下町の散策、全長8キロの砂浜の千里浜海岸を車でドライブ&水遊び。富山、黒部のトロッコ列車で寒さに震え、最後は志賀高原をロープウェイで上がり、煙をたなびかせる浅間山山頂に遠く富士山を垣間見てと、もう驚きのフットワークの軽さで動きまくっていた。合間の宿泊では誰が一番たくさん温泉に入るか回数を競い、上げ膳据え膳で、もう身も心も大満足。隙あらば、宿でも車中でも眠りこける母ちゃんを子供たちは「なんでそこまで寝られるん?眠り姫ならぬ、居眠りオバサン、ノビ太なみ!」と言い出す始末。ハイ、充電満タン、また1年頑張れます!(古谷暁子・ブルーベリー農家)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。