丹有新人戦 取材後記

2017年10月19日

 中学・高校時代を振り返り、唯一、胸を張って言えることは「部活動を頑張ってきた」ということだ。

 当時は軟式テニスと呼んでいたソフトテニス部に所属。特筆すべき大会結果を残せたわけでもないが、チームメートと過ごしたにぎやかな日々が断片的ではあるが、今も思い出される。もちろん楽しい思い出ばかりではない。中学・高校ともに主将を仰せつかり、顧問の先生(学校)と部員たちとの板挟みで、企業の中間管理職のようなしんどさを味わったし、けんかなどの争いごともあった。それでも楽しさのほうが勝る青春の一ページだ。

 先日、中学校の丹有新人大会が行われ、卓球とバスケットボールを担当した。「試合中、ラケットを持つ手が震えるほど緊張した」と話す選手や、コートサイドから鬼の形相で奮起を促す監督やコーチらの声を浴びつつ、一心不乱にボールを追いかける子どもたちの姿が、学生時代の自分と重なり、胸が熱くなった。
 来年夏には練習の総仕上げとなる総体が行われる。大きく成長して、再び大舞台に立つこの子らの姿を楽しみにしたい。(太治庄三)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

裸婦?

(11月4日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。