通学合宿

2017年11月12日

 今田地区の「通学合宿」が11月9―11日、今田まちづくりセンターを拠点に行われた。子どもたちが親元を離れ、宿泊しながら通学する取り組みで、毎年実施されている。今年は小学4年―中学2年の39人が参加。放課後、同センターに集まり、夕食作りや地域へ「もらい風呂」に出かけるなど、異年齢集団で2泊3日の共同生活を送った。

 私が初めてよその家に宿泊したのは小学校低学年の夏休み。近所の2つ年上の先輩と仲が良く、どういうわけか先輩宅へ泊まることに。昼間はにぎやかに遊んだが、深夜、急に心細くなり、「家に帰りたい」と泣いたのを覚えている。その家のおばさんになぐさめられている最中、尿意をもよおし、「おしっこ」と告げると、ひょいと抱きかかえられ、「ここでしたらええよ」と2階の窓枠に立たされた。満点の星を眺めながら用を足し終えると不思議と心が落ち着き、無事翌朝を迎えられた。ふと、こんな記憶がよみがえった。

 今年は小4になるわが息子も通学合宿に初参加していた。どのような思い出を心に刻み、何か心の成長はあったのだろうか。
(太治庄三)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

裸婦?

(11月4日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。