夫婦善哉

2017年11月12日

 丹波市で「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」が催されている。市内の38店舗が参加し、それぞれの店が工夫を凝らしたぜんざいを提供している。

 ぜんざいと聞いて、真っ先に浮かぶのが映画にもなった織田作之助の小説『夫婦善哉』だ。道楽息子の柳吉が家出をして、芸者上がりの蝶子と所帯を持つ。商売の世界に足を踏み入れるものの、どの商売もうまくいかない。柳吉が度を越して不甲斐ないからだ。蝶子はそんな柳吉を見放すことなく支えていく。意志の弱い夫と、気の強いしっかり者の女房。大阪を舞台に、男女の情話が繰り広げられる。

 大阪のうまい店を知り尽くしている柳吉が、蝶子をぜんざい屋に連れて行ったところで小説は終わる。「めおとぜんざい」と書かれた提灯がぶらさがる店で、ぜんざいをつつく男と女。

 小説を書き出す前からこの結末はできていたそうで、修羅場をくぐり抜けてきた二人が甘く庶民的なぜんざいをつつく場面は味わいがある。小説の最後で蝶子は「一人より女夫の方が良えいうことでっしゃろ」とつぶやく。夫婦善哉の「善哉」は、「よきかな」という意味の古語。縁の深い夫婦は、まさに良きかなだ。

 11月22日は「いい夫婦の日」。ぜんざいフェアでもこの日、夫婦善哉にちなんだ仕掛けを企画されてはどうだろうか。(Y)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

裸婦?

(11月4日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。