白川郷で初雪

2017年12月03日

 九月の東海支部柏陵同窓会に集った同級生たちが、二次会の席でまたみんなで旅行を兼ねたミニクラス会をしようという話に。以前蓼科にあるT自動車関連のホテルをあっせんしてくれた同級生もいたので頼むと、「蓼科のほかに白川郷にもあるよ。でもあまりたくさんは泊まれないから人数は絞ってよ」とのこと。十一月の真中の平日に、白川郷が取れたという連絡が入り、九月の二次会の席にいた同級生に連絡。参加者は十八人に。東京組、阪神組、そして東海組が集まった。その一週間前「現地に問い合わせたら、大分寒いそうだから、冬のコートをしっかり用意した方がいい」と一斉メール。

 出かけた日、こちらは晴天、私と三重の友人は高山線で合流。下呂を過ぎたあたりから山に雪雲がかかりはじめる。高山駅から高速バスに乗り込むころから時雨。トンネルを出るたびに、冬紅葉やカラマツの黄葉に声を上げる。白川郷に着くが、あまりの寒さに、傘をさして散策する気にはなれず宿の迎えを待つ。自然学校という名のついた施設で、かつてあった合掌集落をT自動車が広く買い取り宿泊・研修施設にしたとか。標高七百メートルもあるのでスタッフは「明日は雪が降るという予報ですよ」と事も無げに。その夜はフランス料理とワインを堪能。談話室で二次会も。さて翌朝風呂へ行こうとカーテンを開けると真っ白。みるみるうちに五センチほどに。朝食後、白川郷へ下ると、うっすらと積もっている程度。世界遺産の白川郷で今年の初雪を体験できたのはなかなか嬉しかった。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

肉球

(12月14日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。