単純だけど…

2018年05月31日

 ずいぶん久しぶりに、よく寝た。8時に寝て、起きたのは5時半だった。いつもなら11時過ぎに寝て、4時には起きる。もう体に染みついた習慣なのかと思っていた。子育てをしていた頃は毎朝、少しでももっと寝られたらと叶わぬ願いを持っていたが、早く起きる必要がなくなった今、体が勝手に早く起きたがる。うまくいかないものである。

 そんなに早く起きて何するの?といつも驚かれるが、早起きは文字通り私にとって「三文の得」なのだ。私には一日で一番有意義で大好きな時間だ。起きるとまず始めに、3食の中で一番好きな朝食の準備をする。最初にポットに紅茶葉を気持ち多めに入れ、熱い湯を注ぎ、ロシアでかぶるような帽子型のティーコージーをポットにかぶせてゆっくり茶葉に開いてもらう。純粋に自分だけのために行う一日で一番大事な作業で、毎朝何十年と欠かしたことがない。

 茶葉が開くのを待つ間に、カーテンを開け、その他の朝食の用意をする。充分に茶葉が開く頃に食卓につき朝食をゆっくりいただく。それから映画専用チャンネルで好きな映画をしていたらそれを観るし、上映されていなかったら、本の続きを読む。平日だったら6時10分に夫を起こすまでが自分の時間で、休日だったら夫が起きるまで、のんびり自分の時間を楽しむ。

 私は毎日この朝が必ず来ることを知っている。それが雨でも曇りでも輝く朝陽が届く美しい日でも、毎朝大好きな時間を迎えられる。単純だけど、大事なこと。
(土性里花・グループPEN代表)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。