• 一票の 「青垣」

    2002年04月25日
     篠山市に移り住んだある人が、 「青垣町という町名はたいへんきれいだ」 と言ったのがきっかけで、 社内で町誌をめくると 「新町名の 『青垣』 は、 この町村合併に際して全然予測されなかった」...続きを読む
  • 旅人の視点

    2002年04月21日
     知人が 「さようならお日様 こんばんはお月様」 という名曲をCD化したので、 沖縄であった発売キャンペーンに同行した。 旅の思い出にと、 ビデオカメラを回し、 「音」 集めを楽しんだ。...続きを読む
  • 安全運転

    2002年04月18日
     車を運転していて、 最近たて続けに二度、 ひやりとした。  一度目は、 反対車線に出ようとした車が飛び出すタイミングを誤ったのか、 後方から来た車とぶつかりそうになり、...続きを読む
  • 富田砕花の庭で

    2002年04月14日
     先日、 友人に勧められて芦屋市にある詩人・富田砕花 (1890-1983) の記念館を見学した。   「兵庫県文化の父」 と呼ばれる砕花は、 各地で校歌などを作詞した。 その中には、...続きを読む
  • 伝えること

    2002年04月11日
     現在、 篠山市の姉妹都市、 アメリカ・ワラワラ市から訪問団が訪れており、 さまざまな交流が行われている。 国際化という言葉をよく耳にするが、 丹波在住の外国人数も年々増えており、...続きを読む
  • 「本物」 を知る

    2002年04月07日
     心乱れる桜の季節もそろそろ終わる。 今年は平年より10日も早く開花し、 日本中が大騒ぎしたが、 桜というのはいつも日本人の心を捉えて放さないものだとつくづく思う。  最近取材した篠山市の歌人、...続きを読む
  • 自省

    2002年04月04日
     3月17日号の記者ノートに対して、 3月31日号の自由の声で 「合併問題を財政・地方分権に矮 (わい) 小化しているように思います」 とのご指摘と 「財政、 地方分権などの言葉だけを先行させるのでなく、...続きを読む
  • 丸がり

    2002年03月31日
     気分転換に、 頭をツルリと丸く刈り込んだ。 取材に回っていると、 出会う人たちのリアクションが楽しい。 あからさまに大笑いする人、 「悪いことでもしたんか」 と遠くからわざわざ冷やかしに来る人、...続きを読む
  • 「丹波の球春」 せまる

    2002年03月28日
     「球春到来」。 新聞紙上に、 この四文字が躍る時期がやって来た。プロ野球好きの人たちは、 長いペナントレースの始まりを前にして、ひいきチームの状態をにらみつつ 「さあ今年も」...続きを読む
  • リサイクル

    2002年03月24日
     しばらく前にテレビを見ていたら、 紙のリサイクルについて特集している番組があった。 古紙の正しい分別・回収方法や、 リサイクル商品などを紹介し、 「地球にやさしいくらし」 を呼びかけていた。...続きを読む
« 1 ... 152 153 154 (155) 156 157 158 »

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

森のアイドル

(5月17日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。