著者紹介

古谷暁子(ふるたに・あきこ)
京都府出身、丹波市市島町在住。1974年生まれ。2003年、結婚と同時に夫婦とも脱サラし、おいしい野菜を作りたいと丹波へ。2007年から「奥丹波ブルーベリー農場」を開き、出荷と摘み取り園を始める。娘と3人、ドタバタと走り回る日常を綴った元気の出るエッセイです。

 土性里花(どしょう・りか)
埼玉県出身、 篠山市在住。 1966年生まれ。 光化学スモッグ警報が発令されるような中で育ち、 子どもには本当の空気をと、 篠山へ移住。 趣味はジョギング。 春夏秋冬、 朝昼晩全ての時が美しい篠山に、 16年経った今でも毎日感動している。 そんな日常を切り取ったコラムに筆をふるう。

谷垣友里(たにがき・ゆり)
京都府生まれ、山口県育ち、丹波市篠山市在住。1974年生まれ。篠山チルドレンズミュージアムへの就職を機に2000年に篠山へIターン。丹波篠山築城400年祭実行委員会、篠山暮らし案内所勤務などを経て、現在は夫と2人暮らしの主婦。日常の楽しみや発見を感性豊かに綴ります。

(1) 2 3 4 ... 47 »

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。