カルチャーセンターのご案内

丹波新聞社では、1月、4月、7月、10月を始まりの月として、3ヶ月 1クールでカルチャーセンターを開講しています。ぜひご活用くだ さい。

お申し込みフォームをこちらに用意しております。
必要事項をご記入の上お申し込み下さい。
お申込内容を確認し、折り返しご連絡させていただきます。
お電話でのお申込は、代表電話(0795)72‐0530にてお受けしています。

※受講料は3か月分前納となります。講座によっては受講料のほか に材料費、テキスト代が必要になる場合がございます。
※都合により日程変更となったり、受講生少人数のためとりやめと なる場合もございます。

■今期開催中の講座一覧

  • 大正琴・ヴィオリラ  講師 松本 美知代

    古賀政男作曲「影を慕いて」や「瀬戸の花嫁」など楽しくレッスンしましょう!
    初心者大歓迎!
    楽器をお持ちでなければ2か月無料でお貸しいたします。

  • 生け花   講師 伊賀 尚子

     暮らしの中の行事に目を向けながら、四季おりおりの草木と語ってみませんか。

  • 能楽小鼓教室  上田 敦史

    初めての方も構え方から丁寧に指導いたしますので、年齢問わずお気軽にご参加ください。 小中学生対象の講座を新設しました。 お稽古で使用する小鼓は無料でお貸しいたします。

  • 絵画   講師 足立 慎治

    初心者から経験者まで。
    久しぶりに絵筆をとり世界を広げてみませんか?
    デッサン・水彩・油絵等で好きなものを楽しく描いてみましょう。
    画材はご持参ください。
    (無ければまずは鉛筆・消しゴムをご持参ください)
  • うたのひととき  講師 波部 香代子

    みんながよく知っている童謡・唱歌を中心に思いっ切り大声で歌って、健康と笑顔をつくりましょう。
    簡単な合唱曲にも取組み、丹波の森「童謡唱歌の祭典」に出演、またミニコンサートも開催しています。

  • 書道  講師 池田 春晃

    漢字・かな・調和体・実用書道・現代書道等を基礎から学習しましょう。
    初心者大歓迎!用具はご持参下さい。

     

  • ハワイアンフラ  講師 プアカイリマ金山 佳子

    ハワイアンフラの優雅な調べにのって、楽しく踊りませんか。
    心も身体も元気に若返りましょう。

  • 太極拳  講師 小畠 睦

    太極拳のゆったりとした動きでカラダとココロの健康づくりにチャレンジしてみませんか。
    初心者から経験者まで。

  • きつけ教室  講師 岡本 明美

    きものを一人で美しく着るための講座です。
    浴衣から留袖まで日本の文化に触れながら自分磨きをしてみませんか?
    お子さま連れOK、着物・帯・小物など無料レンタルいたします。

  • 川柳  講師 北野 哲男

    「川柳に出会ってから人生がガラリと変わり、考え方が前向きになった」というおばあちゃんがいます。一緒に作りましょう。

  • 短歌  講師 竹村 公作

    短歌は日本人の文学です。あなたも短歌を作ってみませんか。
    自然や生活や社会のできごとなど、何でも歌の材料になります。又、創作短歌も試みることができます。初心者の人も遠慮なくお入り下さい。手ほどきします。

  • 日本舞踊  講師 西﨑祥

    日本舞踊を学び、奥ゆかしい日本の文化、和の作法を身につけていただく教室です。
    着物を着ることから始めますので、浴衣、足袋をご持参下さい。見学自由。
    初心者コースを受付けます。

  • 初心者向け英会話 講師 赤井 俊子

    英会話上達には基礎的な単語と英文法、そして間違いを恐れず英語で話す勇気です。
    学校時代に学んだ基礎を思い出しながら、まずは仲間と簡単な会話を楽しみましょう。

  • 俳句  講師 足立幸信

    言葉の美しさと型の美しさが俳句の魅力。
    実作指導を通じて、美しい言葉と型の習得をめざし、人生の日々の記録として残るような作品の創作をめざします。

  • たのしい民謡   講師 前川 鈴代

    日本各地の民謡を笑顔で元気に唄いましょう。
    特に親子でのご参加は大歓迎です。

  • 戸塚刺しゅう 講師 藤本 佳代子

    小さな小物から大作まで、ご希望に応じてお稽古できます。
    一針一針に心を込めて刺しあげた作品は、貴女の宝物になります。
    一度見学にお越しください。お待ちいたします。(師範まで取得できます)

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。