生徒のアイデア商品に 氷上高校とコンビニ大手がパンを共同開発

2011年10月27日

 氷上高校食品加工科の3年生 (37人) がコンビニ大手のサークルKサンクス (本部・東京) と共同開発した2種類のオリジナルパンが、 10月25日から関西地区 (2府4県) の 「サークルK」 「サンクス」 計887店で販売されている。 同日から4週間の期間限定。
 丹波市産の黒豆ペーストと鶏卵を使用したカスタード風クリームと、 ホイップクリームが入った 「黒豆カスタードホイップ」 (130円) と、 丹波市産の黒豆きなことココアを練り込んだ蒸しパンに、 氷上牛乳を使用したクリームを入れた 「牛乳クリーム入り黒豆ココア蒸しパン」 (同)。 いずれもパッケージには、 生徒の集合写真や同校校舎の写真が掲載されている。
 両者は今年5月から地産地消を学ぶ授業の一つとして商品化を進めてきた。 同社は生徒から特産を使ったパンのアイデアを募り、 試作品が出来上がると、 生徒がモニターとなって味見をしたり、 同社のアンケートに答えるなどした。
 同科の籔内元太君、 吉柳隆俊君は、 「思った以上の出来栄えで感動した。 幅広い世代の人に食べてもらえると思う」 と声をそろえていた。 同社は、 「商品のパターン化から脱却するため、 学生の斬新なアイデアに期待した。 意見集約に苦労したが、 黒豆をペースト状にすることなどは、 社においては新しいアイデアだった」 としている。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

ヘビナス

(9月9日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。