風疹患者4人報告 予防接種促す 丹波地域

2013年05月30日

 全国的に流行している風疹 (ふうしん) の罹 (り) 患者が、 丹波地域でも28日までに4人確認された。 丹波健康福祉事務所によると4月に1人 (30歳代男性)、 5月に3人 (10歳代男性、 50歳代男性、 60歳代女性) の報告があった。
 昨年度丹波地域では8人が報告された。 女性は1人で7人が男性。 30ー40歳代が5人だった。
 同事務所では、 妊娠する可能性がある女性の周囲にいる20―30歳代の男性を中心に 「予防接種を」 と呼びかけている。
 県感染症情報センターの週報によると、 第20週 (5月13―5月19日) に70人の報告があり、 うち2人が丹波地域。
 今年の県内患者数 (19日時点) は600人で、 昨年同時期と比べ9倍以上となっている。 うち、 66%を20―40歳代の男性が占めている。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

ヘビナス

(9月9日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。