珍しい白イノシシ 春日の真継さん捕獲

2014年12月07日

写真・真継さんが捕獲した、 一部が白い体毛で覆われたイノシシ=春日町東中で

 丹波市猟友会春日支部の真継憲雄さん (66) =春日町国領=が3日、 自身が仕掛けた檻わなで、 頭と体の一部の体毛が白いイノシシを捕獲した。 猟師歴46年の真継さんは、 「珍しいイノシシが檻に入った」 と驚いている。
 檻は高さ1㍍、 幅2㍍。 先月中ごろ、 同町牛河内の山中に仕掛けた。 3日、 猟師仲間から 「イノシシが檻に入っている」 と連絡を受け、 現地へ行ったところ、 一部の体毛が白い、 子どものイノシシが入っていた。
  「10年ぐらい前にも、 白いイノシシを捕まえたことがある」 と話す真継さん。 現在は猟師仲間の荻野敏夫さん (同町東中) が経営する 「荻野モータース」 に設置している檻に入れている。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

キンラン

(5月26日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。