日進製作所の男性3人 無料情報誌「3L」製作 丹波の店舗、催し掲載

2017年04月15日

写真・無料情報誌「3L」と初イベントをPRする(左から)長澤さん、出野さん、榮さん=丹波市市島町上田で

 丹波市内の企業に勤める同僚3人が、丹波地域や福知山市など北近畿エリアの店やイベントを掲載した無料情報誌「3L」を昨年9月から月1回発行している。まちの不思議な建物や店舗などを自分たちで取材し、パロディ風にまとめるコーナーを設けるなど、一味違う内容に仕上げている。来月には市島町の三ツ塚史跡公園で、情報誌のPRを兼ねたイベント「三ツ塚マルシェ」を開催するなど、地域おこしを掲げた活動を展開している。
 自動車部品製造会社「日進製作所」市島工場(同町下竹田)に勤める出野佑允さん(29)=福知山市=と長澤智樹さん(33)=市島町北奥=、榮治彦さん(33)=篠山市本郷=の3人。情報誌はA5カラー版32ページで、毎月初旬ごろに発行している。
 自治体主催のイベントや飲食店を中心に、各種教室の紹介などを掲載している。人気漫画をモチーフにしたパロディコーナーでは、読者からの依頼を取材。気になる店や不思議な建物を調べるなど、疑問に答えている。
 以前から、3人で「新しいこと」「趣味の範囲でできること」「地域のためになること」をしようと話し合っていたという。いくつか候補を上げた中で、初期投資が抑えられると感じた情報誌発行を思いついた。代表の出野さんは「情報誌は出回っているけど、どれも似た内容。丹波地域の情報は少なく、違いが出せると思った」と話す。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

肉球

(12月14日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。