けが予防とリハビリの最新施設 5月21日、柏原町母坪に開業

2017年05月18日

 丹波市柏原町母坪の前田クリニック隣に、酸素ボックスや人工芝のトレーニング室など、最新の設備を整えた、けがの予防やリハビリに重点を置いた施設「resola(リソラ)」(0795・73・1166)が完成。5月21日午後1時から、オープニングイベントを開催する。
 酸素ボックスは2台あり、プロサッカーの香川真司選手が愛用しているタイムワールド社のもので8人収容。気圧を上げ、酸素濃度上げることで疲れやけがの回復を助ける効果が期待される。
 トレーニング室(40平方㍍)は、さまざまなスポーツのリハビリに利用。運動学の視点から理学療法士の川﨑拓チーフ(33)が指導する。このほか、健康体操やダンスができるスタジオ(約30平方㍍)、イベントなどを開く多目的スペース(約80平方㍍)、フットケア室などがある。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

ヘビナス

(9月9日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。