黒井駅前に電飾黒井城 児童の提案、自治協議会らが制作

2017年09月02日

写真・美しく輝く、黒井城をモチーフにしたイルミネーション=JR黒井駅前で

 兵庫県丹波市春日町黒井地区住民らが進めていた、空のペットボトル2000個ほどを活用したイルミネーションが完成し、8月25日、JR黒井駅前で点灯式が行われた。地域住民ら60人ほどが集い、美しく輝く光を眺めた。

 黒井城をモチーフにした作品のほか、高さが4メートルあるツリーや、くぐることができるトンネルを作った。いずれも骨組みにペットボトルとソーラーLED電球を張り付けた。

 昨年度の黒井小学校6年生が国語の単元「町の幸福論」で、イルミネーションを設置した地域活性化策を考え、授業で発表。児童の夢をかなえようと、同地区自治協議会(藤本修作会長)の主催でイルミネーションづくりに取り組んだ。

 11月11日まで同駅に設置し、以降は市春日庁舎に移設して年末まで点灯させる。

 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

裸婦?

(11月4日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。