黒枝豆の季節到来 10月5日、解禁セレモニー

2017年10月02日

 丹波篠山黒枝豆の販売解禁セレモニーが、10月5日午前9時45分からJA丹波ささやま味土里館(兵庫県篠山市東吹)で開かれる。丹波篠山特産物PR戦略委員会(会長=澤本辰夫・JA組合長)の主催。また、同日を機に都市部へ出向いての特産物PRキャンペーンが展開される。

 解禁セレモニーでは、枝豆樽びらきと合わせて解禁を宣言。枝豆の振る舞いや販売が行われる。

 また、同日から翌6日(正午―午後6時)にかけてJR大阪駅構内アトリウム広場で、11―13日(午前10時―午後4時)にはそごう神戸店新館5階ひょうごふるさと館で実施される「秋の味覚PRキャラバン」に参画。26―27日(午前11時―午後8時)には東京のJR新橋駅前で行われる交流物産展に出店する。

 篠山市丹波篠山黒まめ係によると、今年の作付面積(8月中旬集計)は約700ヘクタール。「昨年と比べ、実のふくらみがやや早いが、深刻な病害虫の被害もなく、平年並みの作柄では」とみている。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

今年は豊作!

(10月21日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。