柏原厄除大祭 出店者募集締め切り延期 丹波市外もOKに

2017年12月03日

 柏原厄除大祭運営本部は、同大祭(来年2月17、18日)の出店者募集の締め切り日を1月10日に延期し、丹波市外からも募集を受け付けることにした。

 当初、募集対象は丹波市商工会員、観光協会員のほか、市在住者、市内の飲食店に限り、締め切り日を11月25日としていたが、32店の応募しかなかったため、期日、対象とも広げることにした。

 販売品目や出店料などの変更はない。品目は飲食、特産品、子ども向けの出し物のほか、企業をPRするものなど。営業時間は来年2月17日の午前10時―午後9時50分と、同18日の午前10時―午後5時。出店料は2日間1ブース(間口3メートル、奥行き3メートル)1万2000円。テントや販売台は出店者が用意。調理器の熱源はプロパンガス。

 申し込みは、A4サイズの用紙に販売品目と出店者名を書いて、同本部事務局のまちづくり柏原(TEL0795・73・3800)にファクス(0795・73・3801)する。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

肉球

(12月14日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。