「ガチャめし」再登場 12月29日―元日 西紀SAで

2017年12月24日

 舞鶴若狭自動車道、西紀サービスエリア(以下、SA)下り線(篠山市東木之部、TEL079・593・1133。一般道からも利用できる)のフードコートで今夏人気を集めた、ガチャガチャを使った券売機「ガチャめし」が12月29日―1月1日、再び登場する。午前10時―午後2時までの時間限定。名付けて「ゆくガチャ くるガチャ」。食券の裏には、「大吉」から「末吉」までのおみくじ付き。年越し用にと、そばメニューが当たる割合を高くした。

 1回500円。普段から提供しているメニューは全15種類。平均価格は約750円相当という。さらに100人中3人に当たる特別限定メニューとして2500円相当の「但馬牛ローストビーフ丼」を用意。正月らしく豪華に金粉をまぶす。

 「ガチャめし」は、客の回転率を考える社内会議で発案。何が出るかは運頼みだが、遊び心と、500円で750円相当のメニューが食べられるお得感が話題を呼び、今年8月5―31日の期間中、延べ約2万5000人、一日最多2000人が利用する大ヒットに。売上も、フードコートのみで30%アップした。

 再登場の要望が多く寄せられたため実施。鶴直樹支配人(39)は、「8月には、SAが混雑し、体験してもらえなかった人もおられるので、ぜひこの機会に」と話している。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。