“幸せを運ぶ鳥”コウノトリ現る 春日町船城で

2018年04月03日

写真・翼を広げ飛び立つコウノトリ。丹波市にもたびたび飛来している個体=兵庫県丹波市春日町朝日で

 “幸せを運ぶ鳥”として親しまれているコウノトリが、兵庫県丹波市春日町船城地区に飛来した。3月28日には、船城小学校周辺の田んぼでエサをついばむ姿が見られた。

 県立コウノトリの郷公園(豊岡市)のホームページで足環の色を照会してみると、識別個体番号は「J0131」。リリース個体の野外繁殖により、2016年4月15日に生まれたメスで、野上地区人工巣塔(同市)を同年6月25日に巣立っている。丹波市にも、たびたび飛来している個体。

 コウノトリは大きな翼を広げて飛び、えさを求めて次々に田んぼに移っていた。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

水芭蕉

(4月26日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。