盆栽会が「盆桜展」 4月9日まで篠山市民センターで

2018年04月08日

写真・さまざまな種類の桜の盆栽が並ぶ会場=兵庫県篠山市黒岡で

 篠山盆栽会(岡林克己会長)が篠山市民センター(兵庫県篠山市黒岡)で、桜の盆栽展「丹波篠山盆桜展」を開いている。会員約30人が手塩にかけた桜約30種80点を展示している。4月9日午後3時まで。

 広く知られているソメイヨシノやヤマザクラをはじめ、寒緋桜、おしどり、八重紅しだれ、富士しだれなど、長い年月を掛けて風情のある樹形に作り込んださまざまな桜がにぎやかに花を咲かせ会場を彩っている。

 展示作品の中には、大山小学校の改修工事、玉津川の河川改修工事の際に引き抜かれて捨てられる運命にあったソメイヨシノをもらい受け、盆栽として仕上げた作品もあり、命を救われたことに感謝するかのように力強く咲き誇っている。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。