「イベント民泊」を試行 青垣町神楽自治振興会

2018年05月17日

写真・神楽自治振興会が取り組む「イベント民泊」に協力し空室を提供する島元さん宅=兵庫県丹波市青垣町菅原で

 兵庫県「戦略的移住モデル地区」の青垣町神楽自治振興会が今年度、イベント時に地区住民宅の空室に観光客を泊める「民泊モデル事業」を試行する。第一弾として、ゲンジボタルが舞うホタルの季節(6月中旬―7月上旬)に、名所の稲土川のほとりにある古民家で1日1組限定で受け入れる。実践することで周知をはかり、校区内で受け入れ可能な空室を開拓していく。
 
(詳細は丹波市版5月17日号)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

立てば芍薬

(5月24日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。