井上拓哉君・谷口嘉紀君 柏原出身2球児が選抜へ

2017年03月16日

 甲子園球場で3月19日から始まる選抜高等学校野球大会に、共に柏原出身の谷口嘉紀君(2年)が所属する神戸国際大附属高校(兵庫)と、井上拓哉君(3年)が所属する創志学園(岡山)が出場する。共に右投げ右打ちの外野手で、学年は井上君が1つ上。崇広小の少年野球チーム「柏原スターズ」、柏原中時代は中学生硬式野球「氷上ボーイズ」と同じ球歴を歩んだ。野球を始めた頃から目標にしていた甲子園の舞台に立つため、それぞれ強豪校に進学した。目標の甲子園出場をかなえた2人の持ち味は、そろって打撃力。「打つ姿を見てほしい」と話している。初戦は、神戸国際大附属が23日の東海大福岡(福岡)、創志学園は21日の福岡大大濠(同)。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

こけの上に

(4月24日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。