丹波市氷上町油利の山本浩子さん 市内3人目の女性栗剪定士に

2017年03月19日

 丹波市氷上町油利の山本浩子さん(50)が、丹波市内で5年ぶり3人目の女性栗剪定士の認定を受けた。今年度から従来の実技に加え、ペーパー試験も行われた中での合格。「そんなにしんどい作業ではないので、女性でも十分できる。もっと技術を磨き、多くの人に栗栽培の楽しさを伝えたい」と話し、栗に関心のある女性グループを立ち上げようと声かけを始めている。
 「ヒロちゃん栗園」の屋号で、嫁ぎ先の父が植えて20年になる自宅前の約45㌃の栗園を管理している。長く放置されたせいで園は荒れ、7年前に夫に促されて栗を拾った時は小粒で、木も弱っていた。翌年はさらに貧相になっていた。
 そんな時、青垣の女性2人が丹波市初の女性栗剪定士になった記事を丹波新聞で目にし、「これだ」と思い立ち、県丹波農業改良普及センターに講座受講を申し込んだ。年に2度、県立農林水産技術総合センター(加西市)に通ったほか、普及センターやJA丹波ひかみの講座を受講。丹波市栗振興会の先輩たちのほ場を見学し研鑽を重ね5年かかって認定を受けた。「今年から筆記試験があり、『去年のうちに合格しておけば』と悔やんだが、知識は身に付いた」と、長かった道のりを振り返る。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。