雪合戦で県初優勝 丹波の女性教諭ら「SKU」

“可憐”に勝利収める

2017年02月11日
雪合戦で県初優勝 丹波の女性教諭ら「SKU」

写真・「兵庫県雪合戦大会」で初優勝を果たした「SKU」のメンバー=香美町で

 丹波地域の女性教諭らでつくるスポーツ雪合戦チーム「SKU」(小谷良子代表)が、このほど香美町で行われた「県雪合戦大会」(日本雪合戦連盟主催)のレディースの部で初優勝を果たした。3月に行われる全国大会の出場権を得たが、当日はメンバーがそろわないため辞退する。西小学校に勤務する蘆田奈美さん(31)=丹波市青垣町=は、「全国大会に行けないのは残念だけど、来年の県大会は優勝チームだけが着けられるゴールドゼッケンで臨める。連覇をめざしたい」と話している。
 県内の6チームが出場。3チームによる予選リーグを1勝1敗で2位通過し、決勝トーナメントに進んだ。決勝では、予選リーグで惜敗した「Colors」(姫路市)と対戦。昨年の大会でも負けていた相手だったが、セットカウント2―0で快勝し、頂点に立った。
 「SKU」は2012年、崇広小学校に勤務していた教諭らを中心に結成。チーム名は同校名が由来だが、女性らしく「清楚・可憐・美しく」もかけている。一昨年の県大会で準優勝を果たし、優勝チームが全国大会出場を辞退したため、全国の舞台を経験した。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。