ムスカリで「パンダ」作る 山南町の荻野さん

2017年04月13日
ムスカリで「パンダ」作る 山南町の荻野さん

写真・高さ2㍍の展望台から見たムスカリの「パンダ」=丹波市山南町池谷で

 年間を通して庭を公開している、山南町池谷186の荻野憲俊さん宅で、パンダをデザインした花壇でムスカリが満開を迎えた。高さ2㍍から見学できる展望台を用意し、来園者を迎え入れている。
 円柱のコンクリートブロックでパンダの顔の輪郭や耳、目などをかたどった花壇に、白と紫のムスカリ約3000株を植えてパンダを表現している。花壇は円形で、直径約5㍍。昨年10月には500―600株を補植した。
 3年前、アドベンチャーワールド(和歌山県)に双子のパンダの赤ちゃんが生まれたのをきっかけにパンダをデザインしたという。
 庭には赤、白、黄色のイカリソウなども満開。4月20日ごろには珍しい黄色のカタクリが見ごろを迎えそう。荻野さんは「来園者に喜んでもらい、地域の活性化につながれば」と来場を呼び掛けている。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。