丹波地域4人所属のフラダンスチーム 本場ハワイの大会で4位

「支えてくれた全ての人に感謝」

2017年10月10日
丹波地域4人所属のフラダンスチーム 本場ハワイの大会で4位

写真・本場ハワイで行われた大会で4位入賞を果たしたチームのメンバーの西山さん、大久保さん、粽さん、大槻さん(左から)=兵庫県篠山市で

 兵庫県丹波地域の女性4人が所属するフラダンスチームが、このほどハワイで行われた「フラ オニ エ ハワイ大会」のクプナ部門(50歳以上)で4位入賞を果たした。昨年、大阪で行われた関西予選大会で優勝し、出場権を得ていた。フラダンスの本場で、現地のチームも数多く出場する中での入賞に、メンバーたちは、「先生、家族など、応援してくれた人たちへの感謝でいっぱい」と喜んでいる。

 丹波新聞社で開かれている丹波カルチャーセンターなどで講師を務めるフラダンサー、金山佳子さん(朝来市)の教室「カパーフラオカイリマレイアーピキ」の有志18人でチームを結成。うち丹波地域からは、いずれも篠山市住吉台の西山ゆかりさん(58)、大久保裕子さん(56)、粽美紀子さん(64)と、丹波市氷上町沼の大槻やよいさん(53)が出場した。

 全体では200チームが出場する大きな大会で、ステップの正確さ、フォーメーション、上品さ、表現力、衣装やメイクまで細かく審査される。クプナ部門には8チームが出場。同チームは、ゴールドのドレスを着て「レイナニ」「ケアロハ」という2曲を表情豊かに踊った。金山さんによると、特に表現力の部分で高い評価を得たという。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

今年は豊作!

(10月21日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。