忠敬の足跡を地図に 丹波OB大院2年生

歩いて測って魅力紹介

2018年02月13日
忠敬の足跡を地図に 丹波OB大院2年生

写真・自作の測量道具を持ち、観光ガイドマップをPRする丹波OB大学大学院2年生=兵庫県丹波市柏原町柏原で

 丹波OB大学大学院2年生8人が、江戸時代の測量家・伊能忠敬の丹波市内での足跡と、市内の寺社や名所、飲食店などを紹介する観光ガイドマップを製作した。約200年前に忠敬が実際に歩いたコースを自作の測量道具を持ってたどり、一部では測量も実施。それらを踏まえ、忠敬が宿泊した場所なども示したメンバー手描きの地図に落とし込んでいる。リーダーの笹倉英昭さん(75)=山南町奥=は、「忠敬は1日に20キロほど歩いたとされ、大変な作業だったとわかった。本当に昔の人は偉かったと思う。地図が地域おこしにつながれば」と話している。

 A3判カラー。表面はメンバーの足立繁信さん(69)=同町谷川=と足立ちひろさん(66)=同=が地図を手描きし、かわいらしい忠敬のイラストも添えている。忠敬が歩いたルートのほか、泊まった和田本陣や柏原本陣、佐治本陣など8カ所の宿泊地も紹介。裏面には忠敬が訪れた寺社のほか、メンバーが魅力に感じる市内の飲食店なども写真入りで掲載している。

 2年生は、地域の観光資源発掘を目的に、1814年(文化11)に市内で測量を実施した忠敬に着目した。忠敬が実際に歩いた道をたどろうと、6―8月を中心に8回のフィールドワークを実施。当時の測量道具も再現しようと、角度を測定する「象限儀」や、羅針盤なども自作した。歩く際には菅笠をかぶって御用旗を持ち、忠敬が測量した江戸時代に思いをはせた。距離を測る「鉄鎖(てっさ)」を作った芦田宗夫さん(80)=春日町小多利=は、「忠敬は69センチの歩幅で歩いたとされる。メンバーそれぞれの歩幅を測ってみたが、毎回同じような歩幅では歩けなかった」と笑う。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。