「人権の思想広めたい」 柏原人権擁護委協が啓発活動

2018年06月08日
「人権の思想広めたい」 柏原人権擁護委協が啓発活動

写真・買い物客に啓発チラシを配る柏原人権擁護委員協議会のメンバー=兵庫県篠山市杉で

 「人権擁護委員の日」の6月1日、柏原人権擁護委員協議会(井本健二郎会長、38人)のメンバーが、篠山、丹波両市それぞれの商業施設で人権思想を広めるための街頭活動を行った。委員らは、そろいのピンク色の法被に身を包み、人権擁護委員の役割をはじめ、人権相談所の開設場所や日時などを記したチラシやうちわを配り、買い物客らに啓発した。

 人権擁護委員は法務大臣から委嘱された民間人で、全国で約1万4000人が配置されている。同委員制度は今年で70周年を迎えた。人権に関する相談は、神戸地方法務局柏原支局内人権相談室(常設相談=毎週水曜日午前9時―午後4時。TEL0795・72・0176)。

(詳細は篠山市版6月7日号)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

美しい共演

(6月16日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。