下町の居酒屋「実のや」

2017年05月13日
会話楽しめる店に

 和・洋・中華の店を渡り歩いた酒井陽平さんが、柏原病院内で40年以上調理師を務めた父の康之さんと共に「お客様との会話を楽しめる店」にと3月にオープン。カウンター8席と6人掛け座敷1卓の小さな居酒屋。
 柏原で店をやっていた祖父母のレシピを再現した長芋たっぷりの「お好み焼き」(500円)、多可町で買い付ける香ばしい「百日どりの串焼き」(1本200円)、「ぶりカマ塩焼き」(450円)が人気。焼飯や鉄板ギョウザなどの中華、刺身、揚げだし豆腐と豊富なメニュー。地酒「奥丹波」を中心に、アルコール類は客の要望に応じて揃える。

丹波市柏原町柏原1442-2(柏原駅から徒歩10分)
tel.0795・88・5372
営業/18:00~23:00
火曜定休













電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。