カフェでパソコン教室 店主が基本操作指導

2015年09月10日

写真・教室生にパソコンの基本操作を教える横山代表(左)=市島町上竹田で

 市島町上竹田のカフェ「花紅」(横山満正代表)が、パソコンやスマートフォンの基本操作を教える教室「すまいる」を8月から始めた。メールやインターネットの使い方など、受講生の要望に応じて指導している。横山代表は「知りたいことを納得いくまで教えます。気軽に足を運んでもらえれば」と話している。
 過去にパソコンサポート会社を経営していたことを生かし、マンツーマンで教えている。基本的にパソコンは持ち込みだが、持ち運べない場合は同店が準備する。
 ネットやメールのほか、文章入力や表計算など、パソコンやスマホのことなら何でも相談できる。セットアップの代行にも応じるほか、ウィルス対策も紹介している。
 同店のお客から、「パソコンやスマホを思うように使えない」「身内に聞くのは恥ずかしい」などの声を聞いたのがきっかけ。融通がきく午後のカフェタイムを利用し、得意なパソコン技術を生かそうと教室を開設した。

 横山代表は「地域に根ざした店にしていきたい。操作を理解し、快適に使えるようになってもらえれば」と話している。
 年会費1000円と、1回(80分ほど)の受講料1500円が必要。事前予約が必要で、申し込み時に日程を調整する。パソコン教室は月、火、金曜日の午後3―6時。コーヒーブレイクあり。同店(0795・78・9303)。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。