のこぎり山開発隊 参加者募る

2017年02月19日

 丹波市春日町大路地区で、「おおじのこぎり山開発隊」が結成され、荒廃した登山道の整備を行っており、地区内外から幅広くボランティアを募っている。初回の1月29日は雪のため、山に入ったのは7人で、2月26日から活動を本格化する。
 開発隊は、「おおじ創生会議」が地域のシンボルである三尾山周辺の登山道整備の一環として結成。鋸山は三尾山から東に延びる山で、今後は月に1回の予定で活動する。2回目は、午前9時に三尾荘に集合し、登山道の倒木整理作業に従事する。今回は、同町中山の三尾山登山口から鏡峠を経て三尾山方面を目指す。飲み物、軽食が必要。
 開発隊の活動の様子を知らせる会報も発行する。3月は19日午前9時に三尾荘に集まり、作業を行う。
 申し込みは三尾荘(電・ファクス0795・75・1777、月・水・金曜の午前9時―午後5時)、岡田さん(090・3657・3292)。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

裸婦?

(11月4日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。