篠山市西町の「陶々菴」 お雛様なりきり撮影を 3月26日まで

2017年03月18日

写真・お雛様になりきって撮影などを楽しめるギャラリー「陶々菴」=篠山市西町で

 3月18日から開幕している「丹波篠山ひなまつり」の会場の一つ、篠山市西町のギャラリー「陶々菴」で、衣装を着て男雛と女雛になりきって撮影などを楽しむコーナーが設けられている。金屏風を背景にした姿は等身大の“リアルお雛様”だ。
 撮影セットには、金屏風などのほか、瓶子が載る三宝も用意。簡単に身に着けることができる衣装や、手作りの冠などを載せて撮影を楽しめる。
 企画した同ギャラリーの今村俊明さんは、「初めての試み。地区内に飾られた雛飾りを愛でながら来てもらい、自分がお雛様になりきることを楽しんでもらえたら」と話している。
 同月26日までの午前10時―午後4時。土、日、祝日には布バッジづくりのワークショップも開く。駐車場は、市営西町駐車場を。
 問い合わせは、今村さん(090・7884・6651)。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

引っ越し準備

(3月23日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。