6月に婚活パーティー 男女各20人参加募る 商工会青年部氷上支部

2017年04月24日

 丹波市商工会青年部氷上支部(吉住隆史部長)が、6月10日正午から「たんば黎明館」(同市柏原町柏原)で開く「丹波de婚活パーティー」に参加する男女各20人を募集している。「参加者が盛り上がる会にしていきたい」と張り切っている。
 誠実に結婚相手を探している独身の25―45歳の男女。男性は丹波市在住が条件。女性は不問。
 結婚相談所「マリッジサポートごえん」(氷上町成松、小南三誉子代表)の協力で実施する。食事を楽しみながら3対3のグループトーク、青年部員によるゲームや、ハンドマッサージ、色で深層心理を探るカラーボトルカウンセリングなど女性参加者向けの企画を用意。最終的に気になった1位、2位を紙に書いてマッチングする。男女が1位どうしを書くとカップル成立となる。
 青年部氷上支部がカップリングイベントを開くのは10年ぶりくらいという。実行委員長を務める本庄亨さん(39)は、「参加し、盛り上げたい」と言い、小南さんは「女性に喜んでもらえる内容にした。カップル成立のお手伝いをしたい」と話している。
 男性6000円、女性3500円。ル・クロ丹波邸の軽食、フリードリンク付き。先着順。市商工会事務局にファクス(0795・82・7601)で申し込む。問い合わせは本庄さん(tamba.konkatsu.party@gmail.com)。5月31日申し込み締め切り。応募者多数の場合は、地元優先の上抽選。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。