写真で“味間の魅力”再発見 まち協が作品を募集

2017年10月01日

 味間地区まちづくり協議会(谷後幸一会長)は、味間の魅力を再発見しようと、写真コンクールを開く。11月15日―来年1月30日の期間、作品を募集する。

 味間地区内で1年以内に撮影したもので、内容は不問。

 サイズは、A4、四つ切、ワイド四つ切のいずれか。カラー、モノクロは問わないが、組み写真や合成写真は不可。応募点数は一人3点まで。本人が撮影したもので、未発表作品に限る。応募作品は返却しない。

 審査は来年2月上旬に行う。入賞作品の連絡は2月中旬、受賞者に直接連絡し、3月に表彰式を予定している。受賞作品はフィルム原版、画像データを提出する。入賞作品は、四季の森生涯学習センター東館で展示予定で、同協議会の広報紙やホームページなどに無償使用する。

 問い合わせなどは、同協議会事務局(火、金曜午前9時―午後1時。TEL079・506・1165)。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

夫婦仲良く

(11月30日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。