第7代丹波篠山観光大使を募集中 12月10日まで

2017年10月26日

 丹波篠山観光協会(西尾和磨会長)は、来春から活動する「第7代丹波篠山観光大使」を募集している。募集人数は3人。12月10日までに所定の用紙で申し込む。
 応募資格は、18歳以上(高校生は除く)で、篠山市内在住、または市内の事業所に勤務している人で、男女を問わない。
 任期は来年4月1日から2年間。年間20日程度、デカンショ祭や陶器まつり、茶まつりなどをはじめとする市や観光協会の行事に参加し、篠山のPR活動を行う。
 また、応募資格には、「篠山愛の強い人」があり、名実ともに、郷土の顔として活動する人材を求める。
 制服が貸与されるほか、1回の出務につき、5000円から1万円が支給される。
 申込受付後、書類選考を実施。通過者は、12月16日に面接試験を行う。
 申し込み用紙は、同協会の篠山観光案内所(北新町)やJR篠山口駅観光案内所に置いているほか、同協会のホームページからもダウンロードできる。
 同協会(TEL079・552・3380)。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。