38店舗でぜんざい提供 丹波市一円でフェア 来年2月4日まで

2017年11月02日

 「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」が11月3日から、兵庫県丹波市一円で始まる。今年で2年目。昨年より2店舗多い38店舗がオリジナルぜんざいメニューを店内で販売する。また、市内の20店舗が和洋菓子、パンなどの持ち帰り商品を販売する。より広域的な来店を促そうと、新たにスタンプラリーを実施する。来年2月4日まで。

 県民局、丹波市、JA、商工会、観光協会、生産者団体らでつくる丹波大納言小豆ブランド戦略会議の主催。マップ入りの冊子を1万部作成。参加店舗や各観光案内所、道の駅などで配布している。

 スタンプラリーは、市内を4地域に分け、1つずつの押印、計4つのスタンプを集めて応募、5000円相当分の特産品の詰め合わせが抽選で10人に当たる。
 問い合わせは、「ご近所」(丹波市春日町中山、TEL0795・78・9603)。
 

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。