腎臓病患者会 「就労特化」の相談会開催 12月から

2017年11月26日

 「丹波腎臓病患者会」(畑田達和代表)が12月から、透析患者や腎臓病の人を対象に、就労に特化した個別相談会を始める。毎月第2日曜の午後に相談に乗る。畑田代表(39)は「一人で悩まず、就労をめざしましょう」と話している。

 個別相談会では、病気の症状や対処法、できる作業など、就労先に自分のことを深く理解してもらうための「自分説明書」を作成する。さまざまな支援についても紹介する。畑田代表によると、就職しても症状を理解してもらえず、長続きしないケースがあるという。

 同会は2年前に設立。毎月第4土曜午後2時から、氷上住民センターで症状の相談や交流を図る「集いの会」を開いている。

 初回は12月10日。予約制で、場所は要相談。無料。畑田代表(TEL090・6902・3925)。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

肉球

(12月14日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。