純米吟醸酒「三尾山」 山名酒造で仕込みへ 注文受け付ける

2017年12月08日

写真・昨年の「三尾山」を手に注文を呼び掛ける田村代表=兵庫県丹波市春日町中山で

 兵庫県丹波市春日町中山の有志でつくる「のんびり楽農クラブ」(田村庄一代表)が、12月下旬に山名酒造(同市市島町上田)で仕込んでもらう純米吟醸酒「三尾山」の注文を受け付けている。

 地元の遊休農地で育てた酒米「山田錦」を使用。今年は天候にも恵まれ、約90アールで2500キロほどの一等米が収穫できたという。酒造りは今年で9年目の取り組み。まろやかで飲みやすい口当たりが人気になっている。

 田村代表は「酒米は台風が来る前に収穫できた。良い米が取れた分、良い酒に仕上がると期待している」と話している。

 12月15日までに申し込めば、新年に間に合うという。一升瓶4104円(税込み)、720ミリリットル(2本)4104円(同)。送料は別途必要。20日以降は、同酒造でも購入できる。田村代表(TEL0795・75・1002)。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

肉球

(12月14日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。