「丹波王国」がニンニク栽培説明会 2月24日、春日で

2018年01月25日

 ニンニクの産地化をめざしている合同会社「丹波王国」(兵庫県丹波市春日町野上野、野花志郎代表)が2月24日午後2時から、ハートフルかすが(同市春日町黒井)で栽培説明会を開く。

 植え付け時期や育て方、収穫作業など、栽培技術について説明する。

 同社は、契約した市内の農家などを対象に、ニンニクの移植機や収穫機、加工機など専用機械を有料で貸し出し、生産を支援する取り組みを行っている。収穫したニンニクは、食品卸し会社「日本食彩」(大阪市、小山秀仁代表)に全量出荷する。

 丹波市在住者が対象。事前申し込み不要。野花代表(TEL090・4499・5048)。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

柏原も寒い!

(2月15日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。