「三ッ塚マラソン大会」出場ランナー募る 5月13日、市島で

2018年02月01日

 「第30回丹波市三ッ塚マラソン大会」(同実行委員会など主催)が5月13日、三ッ塚史跡公園(同市市島町上田)を発着点とするコースで行われる。10キロ、5キロ、3キロ、ジョギングの部(3キロ)の4部門。2009年の世界陸上ベルリン大会女子マラソン7位入賞者で、高砂市出身の加納由理さんがゲストランナーとして出場する。

 10キロの部は15歳以上(中学生不可)。5キロの部は中学生以上だが、女子は中学生不可。3キロは小学4年生以上、ジョギングの部は年齢不問。参加費は一般3200円、中学生以下1100円、ジョギング600円。

 ジョギングの部を除き、上位6人が表彰される。10キロは1時間5分、5キロは35分でタイム計測を打ち切る。受付は午前7時半からで、9時半スタートの5キロの部を最初に、10キロ、3キロ、ジョギングと続く。

 所定の申し込み書で申し込むか、インターネットや携帯サイトの場合はランテス(http://runnet.jp/)、JTBスポーツステーション(https://jtbsports.jp/)などで申し込む。いずれも3月9日が締め切り。エントリーに関する問い合わせは三ッ塚マラソン大会エントリーセンター(TEL0794・70・8200)、大会に関する問い合わせは同大会実行委員会(春日住民センター内、TEL0795・88・5057)へ。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

柏原も寒い!

(2月15日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。