春日で自然遊び 「あそびの学校」 参加者募る

2018年04月05日

 丹波市春日町大路自治会の有志グループ「大路未来会議」(荻野幸一朗代表)が、同地区で自然遊びを楽しむ「あそびの学校」の参加者を募っている。

 大路小学校近くの「大路こどもの森」(同町下三井庄)周辺で実施。1年をかけ、虫捕りや野外料理、木の実採集、川遊びなどを楽しむ。初回は4月15日午前9時半に開講する。

 3歳―小学6年生が対象で、保護者の同伴も可能。毎月第3日曜の午前9時半―午後2時。年会費3000円(保険料込み)と、各回500円の参加費が必要。1回だけの参加は1000円。定員30人。

 4月30日までに、同会議「あそびの学校」担当の瀧澤さんあてにメール(oji@shiftup.jp)を。

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

水芭蕉

(4月26日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。