丹波の特産”ギュッ” 5つの新商品お披露目

2018年05月11日

写真・地域の資源を活用して開発した5つの商品と事業者ら=兵庫県丹波市春日町黒井で

 丹波市の特産などを活用し、昨年度、地域の事業者が開発した5つの新商品が5月7日、春日住民センターでお披露目された。黒豆、栗、小豆の「丹波三宝」のほか黒ゴマや牛乳など、地元の特産の魅力が詰まった商品ばかり。市の補助を受けて開発に取り組んだ事業者らは、「商品を通して丹波市のPRを」と意気込んでいた。商品は次のとおり。

・黒豆、栗、小豆を生地に練り込んだ「TAMBA SANPO」シリーズのパイ(550円)とクッキー(380円)=丹波市立薬草薬樹公園(山南町和田)を管理する株式会社ウエルネスサプライ(本部・大阪市)

・栗と牛乳を使った「丹波栗ミルクジャム」(850円)=株式会社やながわ(春日町野上野)

・黒ゴマと黒豆きなこを使った「黒豆きなこ&黒ゴマドレッシング」(780円)=株式会社ゆめの樹(同)

・猪肉や無添加野菜、米を詰めた弁当「ナチュランチボックス」(800円)=自然食農家レストラン三心五観(春日町下三井庄)

・小豆とくるみ、求肥などをクレープ生地で包んだ「丹波ふの焼」(500円、ギフト用800円)=コモーレ丹波の森内の美の里庵(柏原町母坪)

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

立てば芍薬

(5月24日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。