体育指導委員で文部科学大臣賞 谷崎止(とどむ)さん

この記事は約2分で読めます。

 埼玉県でこのほど行われた全国体育指導委員研究協議会の席上、 「文部科学大臣表彰」 を受けた。 1977年から98年まで柏原町体育指導委員を務め、 ニュースポーツやレクリエーションの指導、 普及を通じて、 住民の健康づくりに貢献した。 現在は、 県レクリエーション協会理事長、 丹有柔道協会長として活躍している。

 「柏原町の体育指導委員になったころ、 レクリエーションのインストラクターの資格を取り、 教育委員会や町公民館の催しなどで指導していました。 ニュースポーツをはじめ、 歌やダンス、 指遊び、 皿回しまでやりました」
 「ゲートボールやグラウンドゴルフ、 ペタンクなどは、 今でこそ、 多くの人が楽しんでいますが、 当時は、 教育委員会にゲートボールのセットが2つ、 3つあるだけ。 各地で同好会ができ始めると、 われわれの仕事も終わりです。 ゲートボールをしておられる姿を見ると、 当時を思い出しますね。 今は囲碁ボールを普及させる活動を続けています」
 「指導する際に心掛けたのは、 笑いを入れるということ。 わざと失敗してみせたりしましたね。 ルールばかりを押し付けたら、 次の機会にはもう来てもらえない。 誰でもできるし、 誰でも失敗するという雰囲気をつくれば 『やってみようか』、 さらには 『おもしろい』 となります」
 「今回の受賞は、 良い先輩に指導していただいたこと、 回りに支えてくれた仲間がいたこと、 行政のバックアップがあったこと、 そして家族の理解があったからこそ受けられたもの」
 「表彰式に出席し、 自分一人でやったことではなく、 みなさんの助けがあったおかげだと改めて感じました。 受賞を機会に、 レクリエーションなどを通じて地域にお返ししていきたい」

 体育指導委員を務めるかたわら、 柔道の指導者としても活躍。 2006年に開催される兵庫のじぎく国体の柔道強化委員として、 期待できる選手をスカウトするため、 各地の大会を飛び回っているという。 年齢を感じさせないはつらつとした様子に頼もしさを感じる。 これからも住民の健康のために、 活躍の場を広げてほしい。 柏原町南多田。 70歳。 (S)

タイトルとURLをコピーしました