篠山市中学校ホッケー部監督 鈴木 良子 (すずき よしこ) さん

この記事は約2分で読めます。

 篠山市内の中学生でつくる合同チーム 「篠山市中学校ホッケー部男子」 監督。 4月に部として発足したばかりの新チームを引っ張り、 近畿総体で五位に入賞。 創部1年目にして、 全国大会出場へと導いた。 来年の兵庫国体に向け、 ホッケーの楽しさを広めている。 篠山中学校教諭。


 「大学を卒業後、 5年前に丹南中の教諭として篠山市へ赴任しました。 天理大学でホッケーをしていたので、 2006年の兵庫国体でホッケー会場になることが決まっていた、 篠山市の中学校で採用になりました。 岩手県出身なので篠山のことは全く知らず、 『しのやま市』 と間違えていたくらいでした」  「赴任当時、 部活の受け持ちは剣道部。 2年後に篠山市教委国体推進室に異動になり、 小学校を回ってホッケーの授業をしたり、 ジュニアクラブで指導するようになりました」  「スタートは難航しました。 クラブに来た子どもたちは、 マンガを読んだり、 ゲームをしたり、 お菓子をずっと食べていたり。 ホッケーを教える前に生活指導をしなければならず、 どうなるのかと先行き不安に思いました」  「中学生たちは、 今年になってよく伸びたと思います。 部になってから、 上につながる大会に出られることになり、 明確な目標を持てたのが良かったのでは。 試合に対するイメージを持ちながら練習をこなせるようになりました。 また、 同好会だった昨年1年間は保護者の方が指導されており、 保護者のバックアップは大きいです」   「今の中高生たちがずっとホッケーを続け、 篠山に戻ってきて次の世代を育成し、 根付かせてくれたら。 国体だけで終わるのではなく、 『ホッケーのまち篠山』 の声があがるくらいになってほしい」


 国体の成年女子兵庫チームでは、 チームができた4年前から主将を務める。 中学、 高校時代に全国優勝を経験。 出身の岩手郡岩手町も、 1970年の国体でホッケー会場になったことがきっかけで盛んになったそうだ。 スポーツウーマンの半面、 ジャンルを問わない読書家。 150センチの小柄な体から、 エネルギーがあふれている。 篠山市大沢新。 28歳。

(徳舛 純)

タイトルとURLをコピーしました