篠山伝建地区で竹林整備

この記事は約1分で読めます。

 県ヘリテージマネージャーの丹波地域のメンバーらで構成する 「H2O (エイチツーオー) たんば」 (11人) が25日から、 国の重要伝統的建造物群保存地区にある、 篠山市西新町の荒廃した竹林を伐採。 その竹を灯篭や民具などに加工し、 利用する事業 「竹灯篭が灯る重伝建地区篠山」 を始める。 同グループ世話人の才本謙二さんは 「地元の人で竹の整備や活用ができる仕組みを作りたい。 京都の嵯峨野のような町並みになれば」 と話している。

タイトルとURLをコピーしました