コスモスをハート型に 10月に「お花畑コンサート」

この記事は約1分で読めます。

写真・あぜ波の中に、 ピンク色のコスモスの種をまく住民たち=丹波市氷上町中野で

 自治会所有の田んぼにクリや花を植え、 交流事業を通して地域の活性化をめざす氷上町中野自治会 (稲継敏充自治会長、 22戸) で7月29日、 コスモスの種まきが行われた。 田んぼに黒米などで絵を描く 「田んぼアート」 ならぬ、 ピンク色のコスモスをハート型に浮かびあがらす、 「コスモスアート」 に初挑戦。 ハートのコスモスが現れる田んぼを会場に、 10月27日に 「お花畑コンサート」 を開く。

 

 同自治会の 「ほのbuonoNAKANO委員会」 (岸田秀章委員長) の事業。

 あぜ波で作ったハート型の中に、 草丈50センチほどになる 「ソナタピンク」 を2万粒は種した。 あぜ波の周囲には、 草丈30センチほどのイタリアングラスを後日まき、 緑色のキャンバスに桃色のハートが浮かび上がる趣向。

 このほか、 集落のあちこちに、 少しずつ一般的なコスモスの種をまいた。

 岸田委員長は、 「うまく咲いてもらって、 今年も多くの人にイベントを楽しんでもらえれば」 と話している。
 

タイトルとURLをコピーしました