ラジオ体操に3000人「この夏一番の人出」 丹波の森公苑で

この記事は約2分で読めます。

芝生広場いっぱいに広がり体操をする参加者たち=丹波の森公苑で

 NHKラジオ第一で生放送される 「夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会」(NHKなど主催) が8月24日、 丹波の森公苑であり、 丹波市民を中心に3000人の参加があった。 講師の西川佳克さんの 「おはようございまーす」 の声に、 元気に 「おはようございまーす」 と答え、 普段のラジオでなく、 伴奏の幅しげみさんのピアノの生演奏と、 はつらつとした西川さんの掛け声にあわせ体を動かした。

 午前6時に開会し、 幅さんの指導で、 ラジオ体操の歌を練習。 幅さんは 「生放送でやり直しはきかない。 やり直す機会は20年から30年先になる」 と笑わせ、 西川さんは 「今年一番の参加数かも」 と、 会場をわかせた。

 午前6時半にラジオ体操の歌で、 生放送がスタート。 西川さんが、 6町が合併し丹波市が誕生したことや、 恐竜化石が見つかったことなど、 市を紹介した後、 ラジオ体操第1と第2をした。 「腕を上下に伸ばす運動」 では、 「1、 2、 3、 4」 と、 参加者が大きな掛け声を響かせた。

 午前5時に会場入りした谷口天翔君 (崇広小3年) は、 「いつも簡単にやっていたけど、 教えてもらった通りにやるのは難しかった」 と話した。

 

タイトルとURLをコピーしました