「城北畑小」で提案へ 準備委が新校名決定 城北・畑小統合

この記事は約1分で読めます。

 来年4月の統合を目指している畑、 城北両小学校区の住民代表でつくる 「統合準備委員会」 は9月6日、 篠山市役所で会合を開き、 新校名を 「城北畑小学校」 とすることを決定した。 新校名案は、 予定では11日に市教育委員会に答申。 議決を経て、 開会中の9月議会 (10月4日まで) への条例提案を目指す。

 準備委では、 今年3月に決定していた 「篠山中央小学校」 について、 保護者などへの周知不足があったとし、 8月27日の会合で撤回。 同日、 石橋康夫委員長が、 「城北畑」 を提案し、 PTA、 自治会、 学校関係など、 委員それぞれが所属する団体に持ち帰り、 理解を求めていた。

 6日の準備委では、 各委員が所属団体に説明した結果、 特に異論がなかったため、 「城北畑」 で決定。 市教委は、 「中央」 に異論が出た経験を生かし、 議会上程までさらなる周知を図ることを求めた。

 9月議会で決定される見通しとなり、 校章や校名などの議論が本格化する。

タイトルとURLをコピーしました