篠山市内初・太陽光発電施設計画 来年3月に発電開始

この記事は約2分で読めます。

写真・篠山市内初の大規模太陽光発電施設の設置を予定している今田町市原の空き地

 エネルギー供給をビジネスの柱に、 丹波地域でも支店やグループ企業を置いて事業展開している 「株式会社ミツワ」 (本社・川西市、 舩岡正勝代表取締役) が、 篠山市今田町市原の空き地に、 同市内では初となる大規模太陽光発電施設の設置を計画している。

 

 約1万2000平方メートルの敷地に毎時240ワットを発電するパネルを3264枚並べ、 最大で毎時約780キロワットの発電を行う。 太陽光発電により発電した電気は、 電力会社に売電する。 事業開始は、 来年3月中旬を予定している。

 同施設を設置する場所は、 県道141号線西側に接する空き地で、 ミツワのグループ企業が所有。 最近では、 市が陶器まつり期間中の駐車場として借り受け、 利用していた。

 今回計画している太陽光発電施設の開発区域面積が3000平方を超えることから、 篠山市のまちづくり条例により、 同市主催の市民説明会を27日午後7時半から今田まちづくりセンター (同町今田新田) で開く。 同会では、 開発事業者が計画の概要説明などを行い、 質問に答える。

 問い合わせは、 市地域計画課 (079・552・1118)。

タイトルとURLをコピーしました