ABCマラソン・ランナー募集締め切り 実質2日半で定員に

この記事は約2分で読めます。

 来年3月3日に開催される 「第33回篠山ABCマラソン大会」 の出場エントリーが今月1日からスタートしていたが、 予定の1万人を超えたため、 大会事務局は8日をもってランナー募集を締め切った。

 今回はより安全に大会を運営するため、 人数管理がしやすいようにと、 インターネットの申し込みサイトをメーンにし、 ネット環境にない人を対象に補助的な意味合いで郵便振替用紙を利用する2パターンで募集したが、 インターネットの募集枠は11月3日正午ごろ定員に。 希望者のみに送付していた郵便振替用紙も10月中に予定数に達し、 8日の振込期限を迎えた。

 大半がインターネットサイトからの応募で、 実質的にはエントリースタートから2日と半日で定員に達するというハイスピード。 昨年が2週間、 一昨年が3週間だったため、 異例の早期締め切りとなった。

 事務局は、 「近年のマラソンブームに加え、 さまざまな大会で早期締め切りが行われていることから、 ランナーのみなさんにも 『早く応募しなくては』 という危機感があったのでは。 また京都マラソンの当落結果が早く出たこともあり、 落選した人が篠山に流れている可能性が高い」 と分析。 「今回申し込みができなかった方には残念な思いをさせてしまったが、 また次回にお迎えできれば」 と話している。

 一方、 毎年ランナーから高い評価を得ている大会を支える市民ボランティアは継続して募集中。 ▽走路安全員▽給水係▽駐車場係▽会場での選手サービス―などがあり、 スタッフジャンパー、 帽子、 弁当などが支給される。

 問い合わせは、 事務局 (079・552・5769) へ。

 

タイトルとURLをコピーしました